「吠えないワン」細かい設定や機能

測定中の画面

無駄吠え測定3夜通し愛犬を監視するため、なるべく負担にならないように
黒い、暗い画面にしています

スリープ機能停止

無駄吠え監視開始また、監視中はスリープして監視が止まらないように
自動スリープ機能を停止しています。
そのため、電池をずーと消費するので、電源コードをつなぎながらの監視をオススメします

履歴確認

測定履歴

無駄吠え履歴
開始日時
終了日時
測定時間
吠えた(大きな音がした)回数

無駄吠え履歴

無駄吠え詳細履歴
さらに、それぞれの吠えた音に対して

いつ吠えたか
どのくらいの大きい音で吠えたか(dB)
それに対してどの音を再生したか

を見ることが出来ます。

現在の状態を確認しながら監視、測定出来ます

現在の騒音状態dB
開始日時
測定時間
吠えた(大きな音がした)回数

設定状況
感度
再生音
再生順序

感度の調整

無駄吠え感度設定
このアプリのキモは感度です
ある一定以上の音がするとそれに反応して音がなります
なので、吠えた音以外でも大きい音がすると音がなります。

感度を調整して、ちょうどいい感度を設定して下さい
日常の音では反応しなくて吠えた時だけ反応する感度を見つけて下さい。

再生音の選択

無駄吠え再生音
初期設定では缶の短い音だけ設定しています

現在、再生音は4種類です
ワンちゃんが嫌いな音の代表として、
缶の音と掃除機の音の短いバージョンと長いバージョンをご用意しています。
ワンちゃんの反応をみて嫌いそうな音を選んで下さい。

再生する順番は、ランダムか選択した順序通りか選べます