三日坊主!?長続きさせるためのポイント

2013/06/28  カテゴリー:美文字についてのあれこれ

練習は一日10分〜30分くらい

毎日同じ事を繰り返すことが大切なんです。

一週間何もやらず、今日は一日中練習、
などというペースは効果は上がりません。

毎日書いていると、
昨日書いた字より、今日書いた字のほうが下手なことだってあります。

しかし、その点に気づけば、それは確実に一歩前進したことにつながります。

字の練習は、練習を積み重ねれば、必ずそれだけの成果は上がります。

そのためにも、正しく、丁寧に、根気よく、ゆっくり、そしてなにより楽しんで書き続けましょう

時間 きれいな字 美文字

練習は家だけじゃない

外出先でも、ちょっと書いてみるだけでも違います。

バスや電車の中でもひざの上で指に書いてみるのもいいんです。
頭のなかに文字を思い浮かべながら書くので効果があります。

もちろん、習字練習iPhoneアプリ【きれいな字】で書けば、より効果的(^O^)
そうすると、お手本の文字もちゃんと見られるので、
頭のなかに文字をインプットしやすくなります。

脳で観察とインプット。
手、指の使い方の訓練。

この両輪であなたの文字はぐんぐん綺麗に!

量より質

練習用紙にびっしり書いて満足するよりも、
一つ一つの文字をていねいに練習するほうが、
文字の形や姿をとらえやすくなり効果的です。

また、一度に習う字は少数にします。
何十字も一度に習おうとしても、一向に上達は望めません。

むしろ、一字に集中できるようにし、
一字をマスターすれば
その何倍も応用出来るものだということを知って習いましょう

質を大事にしていきましょう。

カテゴリ: 教育
価格: ¥400

◀前へ
次へ▶